虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< ウィーランド打ち崩せずCS敗退 | main |

2017年ドラフト、注目の清宮は日ハムへ
オーナーの公言通りに清宮を指名したが7球団が競合。抽選の結果、日本ハムが交渉権を得た。メジャー志向の清宮にとっては、ダルビッシュや大谷の育成実績のある日ハムに決まってよかったと思う。別に負け惜しみを言っているのではない。日ハムの経営方針と清宮の夢とが一致しているので、Win−Winの関係が築けるんではないかと思う。

清宮を外して、再指名したのは履正社の安田。こちらも3球団の競合で抽選になって、ロッテに交渉権が渡った。そして、再再指名は投手に変更し、仙台大の馬場を指名。ところが、これもソフトバンクと競合。オリックス監督時代の岡田さんの3連敗に並ぶかと心配したが、ようやく当たりくじを引くことが出来た。それにしてもソフトバンクと1位指名が3度も競合するとはなあ。

清宮、安田の打撃には魅力があるが、そろそろ先発投手陣の若返りを図る時期に来ているのも事実。結果的に大社の投手をたくさん獲れてよかったんちゃうかな。

1位の馬場は最速155キロのストレートを持つ右腕。プロに入って鍛えれば160キロ台も夢ではない。それに加えて7種類の変化球を操るらしい。小野の様に1年目から活躍してくれることを期待したい。
2位の高橋も同じく速球派だが、こちらは左腕。馬場と競争やね。
3位の熊谷は守備走塁に定評がある内野手。4位の熊谷も俊足外野手。この辺りは大和と俊介のFA対策かな。
5位の谷川は即戦力の右腕。社会人出身と言うことで、一番最初に1軍に上がって来そうな気がする。
今回、高校生からの指名は6位の牧だけ。ちょっとバランス的にはよくないかな。

今年は6年ぶりに育成選手も1人指名した。故中村GMが就任してから育成選手をとらない方針になり、育成は故障者のリハビリに使われていた。今年から方針を転換したんやろか。それにしても1人だけというのは中途半端やな。

ドラフト指名選手
順位 氏名    所属      守備  投/打
 1 馬場 皐輔 仙台大学    投手  右/右
 2 盒供〕攷諭^〆抂‖膤悄  ‥蠎蝓 〆検榛
 3 熊谷 敬宥 立教大学    内野手 右/右
 4 島田 海吏 上武大学    外野手 右/左
 5 谷川 昌希 九州三菱自動車 投手  右/右
 6 牧 丈一郎 啓新高校    投手  右/左
育成 石井 将希 上武大学    投手  左/左


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/348012

トラックバック