虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< これで補強は終わりかな | main |

闘将星野亡くなる
野球殿堂入りしたばかりだというのになあ。すい臓ガンだったとのこと。あまりにも突然のニュースをまだ受け入れられないでいる。

“燃える男”星野仙一氏死去、70歳

 中日、阪神、楽天で監督を務めた楽天の星野仙一球団副会長が6日、4日に亡くなったていたことが明らかになった。70歳。岡山県出身。選手としては中日のエースとして通算146勝を挙げ、監督としては3球団で通算4度のリーグ優勝に導き、楽天時代の2013年には日本一に輝いた。08年北京五輪では日本代表の監督も務めた。(デイリー)


ノムさんが種蒔きをしたとは言え、実際に阪神の暗黒時代を終わらせてくれたのは星野さん。2003年のリーグ優勝時に辞任を発表していなかったら、ソフトバンクを倒して日本一になっていたに違いない。この年のキャッチフレーズの「勝ちたいんや」は、今年の「執念」と通じるものがあると思っているのは自分だけやろか。

阪神で叶わなかった夢を楽天で叶えた。ジャイアンツを倒しての日本一は格別だったに違いない。

御年70歳。今の時代、早すぎるよな。もっと永く野球界の御意見番でいて欲しかった。

心よりご冥福をお祈りいたします。
合掌。




auther : yohkura | プロ野球 | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/349056

トラックバック

 今朝、テレビで知りました。「ウソ!」と思わず口から漏れました。あまりに突然でショックです。昨年12月に野球殿堂入りの祝賀パーティーの模様を同じくテレビで拝見して、多くのプロ野球選手や関係者に囲まれて元気そうでしたのに。
なんやかんや、そしてTigers | 2018/01/06 5:54 PM