虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 投手陣の踏ん張りで逃げ切り | main | 反省点の多い勝ち試合 >>

執念見せるもマテオ大炎上で逆転負け
能見・石崎の失点をなんとか打線がひっくり返すが、マテオが無死満塁から4失点。勝利の方程式で1点リードを守れずに逆転負け。

能見が今季初先発。4回まで1失点とまずまずの内容だった。しかし、5回に大島の1塁ゴロでロサリオからの送球を受け損ない、そこから崩れ出した。
能見のピッチング内容そのものは悪くなかったと思う。このイニングのエラーと指先の出血が影響したんかなあ。

石崎は満塁のピンチでパスボール、連続四球で点を与え、挙句の果ては大野奨の頭に当てて危険球退場になった。最初のバッター平田は内野フライに打ち取ったものの、あの打席もボールが先行していた。
こんなに乱れるピッチャーではない筈だが、出番が早すぎて準備不足やったんちゃうかな。満塁だっただけに修正するような余裕もなかったんやと思う。

マテオは2試合連続で無死満塁のピンチ。前日は無失点で切り抜けたが、この日はアルモンテ、平田にタイムリーを打たれて4失点。
この2試合、先頭バッターを簡単に出してしまっている。昨年も先頭を出すと失点するケースが多かった。これから徐々に調子を上げてくるとは思うが、今の状態では8回を任せるのは怖い。

この日の打線は「執念」を見せてくれた。3回に1点を取られた直後に盪海離織ぅ爛蝓爾把匹い弔。3点ビハインドの7回には盪魁∪床、ロサリオのタイムリーで一機に逆転した。そして最終回も1発逆転サヨナラの場面を作って盛り上げてくれた。結局1点止まりだったが、田島を追い詰めたのは無駄ではないと思う。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/350554

トラックバック