虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 再三のチャンスをものに出来ず | main | 逃げ切れず引き分け >>

若きエースと4番
盒桐擇1失点完投。大山の勝ち越しホームランで流れをつかんで、このカードをタイに持ち込んだ。

サンズ、ボーアを落として、4番に大山。その大山が4番の仕事をしてくれた。
同点で迎えた5回、四球の糸井を1塁に置いて、勝ち越しのツーラン。これでG岡本に並んだ。

今季途中から5番に下がっていたが、ひとり意地を見せる場面も多く、精神的な成長を感じさせていた。4番大山が結果を出した事で、パズルのピースが見つかったような爽快感を味わえた。

盒桐擇論萓を許すものの、その後は丁寧なピッチングで三振の山を築き、5安打14奪三振で見事に完投勝利。スタメンマスクが坂本だったのも好投に繋がった。梅野とまあ違った視点で盒桐擇領匹気魄き出したのだと思う。さあ、次は完封を目指せ。

まだまだ首位は遠い。こんな試合を続けて、残り試合を全部勝つ気持ちで戦って欲しい。
auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/362221

トラックバック