虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 若きエースと4番 | main | 岩田粘れず >>

逃げ切れず引き分け
劣勢を相手のミスで追いついたのだから引き分けで御の字。いやいや、勝てる時はきっちりと勝っておかないといけない。判断は難しいが、時期を考えると後者だろう。

1番に木幡、3番に近本。5番以降に両外国人と糸井。大きく打順をいじって、そこそこヒットは打ったが、あまり繋がらなかった。
一戦一戦が大事な時期だから、サンズには調整してもらって、盪魁中谷を起用した方がいいと思う。

青柳はヒットは打たれたものの、6回を1失点。3回に鈴木の打球が膝に当たり、タイムリーになったのは不運だった。その後も投げ続けて試合を作ったのは立派。

桑原は一発浴びた後、連続四球からタイムリーを打たれて2失点。能見へのスイッチがワンテンポ遅かった。でも、今年の能見は代わり端によくホームランを打たれているので、ベンチもそれを恐れて動けなかったのかもしれない。

スアレスも毎度完璧に抑えるのは無理。1死満塁から内野ゴロの間の1点で済んだのだから、良しとしよう。

投手陣がポロポロ失点した印象が残ったが、結局自力では1点しか取れなかった打線の問題。
auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/362228

トラックバック