虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< いまだに広島に勝てない | main | 久し振りの大勝 >>

梅野がチームを救った
先制したものの追いつかれ、勝ち越してもすぐに追いつかれる。しぶとい中日打線を梅野の一打で振り切って、ようやく連敗がストップ。最下位逆戻りを阻止した。

同点で迎えた8回裏、1死1・2塁のチャンスで代打盪海三振に倒れてツーアウト。湯浅の打席なので当然に代打だが、左はロハスしか居ない。ここでベンチは梅野を代打に起用。これが見事に当たり、三遊間を破る2点タイムリーヒットを打ってくれた。
今シーズンの梅野はスタメン固定されていない事が影響しているのか、打率が低迷している。そんな梅野を敢えて右ピッチャーに対して出したのは、よほどロハスに信頼がないという事なのだろう。

青柳は自ら先制タイムリーを打って、2点を先制したものの、直後のイニングで先頭バッターに死球で出したのをきっかけに、そこから2失点。その後は無難に抑えて、味方打線も2点を追加してくれたが、8回に突然乱れて再び同点に追いつかれて途中降板した。終盤に追いつかれて途中降板というのは、青柳に取っては不満の残る試合だったと思う。

青柳をリリーフした湯浅がプロ初勝利をマークした。ずっと内容がよかったので、既にどこかで勝ちを拾っていると思っていた。おめでとう、湯浅。

岩崎が休養開け初めてのセーブ。前日は同点の延長12回という、勝ちがない場面での登板だったので、岩崎のモチベーションが気になっていた。いきなり連続ヒットを打たれたので心配したが、その後3人をピシャッと抑えてくれた。
岩崎が不在の間、岩貞、湯浅、アルカンタラという勝ちパターンだったが、予想外に失点していた。岩崎が復帰して、勝ちパターンがより盤石になってくれる事を期待したい。
auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/368587

トラックバック