虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 青柳KO、横浜スタジアムでの連敗続く | main | 中野、必死の粘りでサヨナラタイムリー >>

今季初のカード負け越し
才木と平良の投手戦。どちらも4番が放ったホームランのみの得点。ソロとツーランの差で負けた。

初回、才木が牧にツーランを打たれて先制されるものの、2回からは素晴らしいピッチングを見せ、7回を2失点。
打線は平良のキレのよい変化球に対応出来ずに三振ばかり。それでも、4回に大山がソロホームラン放って1点差に迫った。
しかし、その後は試合が動かず、1点差で敗戦。才木、ごめんよ。

これで横浜スタジアムで10連敗。いつまで続くのか。

森下がスタメンに復帰したが、3打席ノーヒット。最後のチャンスだったようで、この日ファーム行きが決まった。
早くも他チームのスコアラーが弱点を見つけたのだろう。
森下の場合は、調子が悪いのではなく、相手バッテリーの攻め方に対応出来ていないだけだと思う。フォームを変える前に、どういった配球で打ち取られているのかを分析して、そこからウィークポイントを見つけた方がいい。何も考えずにフォームだけ変えると、盪海篋監5韻里茲Δ忙邱垪誤のループに陥ってしまうかもしれない。

湯浅が右肘の張りで離脱。おそらくWBCに出場した影響だろう。大事でなくても、当分はノースローで、そこから再調整なので、時間がかかるだろう。
クローザーは岩崎かK.ケラーになるのかなあ。かなり不安だ。
auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/371388

トラックバック