虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 大山の暴走で勝ち試合を落とす | main | 青柳復活、木浪もお目覚め >>

森下が初ホームランで勝負を決めた
森下にようやく一発が出た。それも甲子園の左中間に放り込む決勝ホームラン。記念のホームランがチームを救う、価値ある一発になるのだから、やはり何か持っている選手なのだろう。

低打率に喘ぐルーキーをあえて1番センターで起用したのは、岡田監督ならではの勘だった。デーゲームでDeNAの牧が決勝ホームランを打ったので、この日は中央大学デーだと思ったからだとか。同じ0−0のスコアで森下が先制&決勝ホームランを打ったのだから恐れ入った。

打線は相手先発の盒兇鬚泙辰燭打てずにいた。6回までわずか3安打。6回はノイジーのヒットでようやくノーアウトのランナーを出したのに、大山、佐藤輝、ミエセスの3人が揃って三振に倒れる始末。点の入る気配がまったくしなかった。

一方、投手陣は先発西純が、何度か得点圏にランナーを置くものの、粘りのピッチングを見せて7回を無失点。いいときの西純のピッチングを久し振りに見る事が出来た。これからもこういうピッチングを見せて貰いたいものだ。

そして8回裏。この日の森下は三振、1塁ファールフライ、死球と、ヒットは無かった。8回に4打席目が回って来て、先頭バッターとして打席に立つ。すると、このイニングからリリーフした木沢の初球を捉えてホームランにした。
迷いのないフルスイング。これが出来るのが森下のいいところだと思う。これからも、率を上げようとして当てるだけのバッティングはして欲しくない。
auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/372206

トラックバック