虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 球児、復帰初勝利! 終盤は若虎祭り!! | main | 岩田粘れず、打線は菅野に歯が立たず >>

超変革走塁で天敵ポレダを攻略
今シーズン初めての読売戦ということで、監督も選手も気合いが入ってたんやろなあ。開幕戦のときに似た衝撃を受けた試合やった。

積極的なバッティングに積極的な走塁。和田阪神時代の確実性を大事にした野球とは真逆な采配。それがバッチリ当たって、ポレダをズタボロにしての勝利。気持ちのいい勝ち方やった。それにしても足を使うチームに変革したもんやなあ。若虎がグラウンドを駆け回る姿はええもんやね。

1−1の同点で迎えた3回表。先頭の藤浪がヒットで出塁。盪海1・2塁間を破るヒットを打つと、やや暴走気味に藤浪が3塁を奪う。続く横田は高いバウンドのピッチャーゴロ。ポレダが1塁に送球するも、横田の俊足が勝り、内野安打になって勝越点が入った。
ヘイグが四球を選んで無死満塁。福留の犠牲フライでもう1点を追加して、なおも1死1・3塁のチャンス。
ゴメスの打席でヘイグがスタートを切り、キャッチャー小林誠がセカンドに送球する間に、横田がホームを陥れて、この回3点を奪った。
最後のダブルスチールは相手にダメージを与えたやろなあ。

6回には四球で出塁したゴメスがなんと盗塁を決めた。鳥谷のヒットで1・3塁にし、西岡の内野安打で追加点。
更に、梅野は凡退するも、藤浪が四球を選んで満塁になって、バッターは盪魁
ここでポレダのボークでもう1点を追加。完全崩壊したポレダに対し、盪海追い打ちを掛ける2点タイムリーでとどめを刺した。

点を取るのが難しい相手だから、慎重に1点を取りに行くのではなく、次の塁を奪いにどんどん走る。相手チームも戸惑ったやろね。まるで去年までと別のチームに見えてるんとちゃうか。

この日のヒーローは盪魁初めての敵地での読売戦で緊張するどころか、4安打2打点の大活躍。突破口を開くわ、チャンスできっちりときめるわと、ルーキーということ忘れてしまうわ。
ヒーインで「明日も絶対勝ちます」と禁句を言ったが、これも超変革で新庄以来の呪いを吹き飛ばしてもらいたい。

藤浪は立ち上がりに1点を失うが、その後は安定したピッチングで、読売打線を6回まで3安打に抑えた。
ストレート1本では抑えられないと考え、変化球の比率を上げたのが、2回以降の好投に繋がった。
次こそは完投して欲しいもんやね。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(3) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/336346

トラックバック

一二三四五六七八九計HE阪  神1030040008100読  売100000100260 ほぼ完璧な試合運びでジャイアンツを倒して3連勝でした。先発藤浪投手は8回を4安打2失点でジャイアンツ打線を抑え込み、打っては売出し中の1-2番が十分に機能して10安打8得点でした。昨年5敗を喫した
ポケモン的なるブログ | 2016/04/06 6:57 PM
これまで平日は仕事なので、休みになったり都心に出張がある以外には観戦に来れませんでしたが、4月から超変革で勤務地が都心になったので、今日は仕事が終ってから東京ドームに参戦しました。 会社を出たのが、ちょうど試合開始の6時頃でしたが、東京ドームに着いたら
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/04/06 11:54 PM
(東京ドーム) 阪 神103 004 000=8 巨 人100 000 100=2 <投手> (神)藤浪−榎田 (巨)ポレダ−土田−小山 ○藤浪2勝 ●ポレダ1勝1敗 <本塁打> (巨)堂上1号ソロ=7回裏 今季初の伝統の一戦。攻めに攻めまくり、巨人
FUKUHIROのブログ・其の参 | 2016/04/07 4:18 AM