虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 純国産打線が粘りを見せた | main | 初物を苦にせず、投打が噛み合って快勝 >>

早めの継投で藤浪バースデー勝利
藤浪が無傷の3勝目。でも7回途中でノックアウトされた事の方がショックやったみたいやね。

両外国人がスタメンに復帰。ただし3番は江越のままで、ヘイグは7番に下げた。
ヘイグはまだ十分に治ってないんかな。この日は2打席ノーヒットで、5回で早退した。一方ゴメスは先制タイムリーを含む2安打。腰の張りが大したことなくてよかった。

藤浪の初回、2死から井出のヒット、筒香に四球を与えると、ロペスにレフト前に運ばれて1点を失う。2回以降は変化球中心の組み立てに変えて立ち直り、6回までノーヒットに抑えた。
ところが、7回先頭のロペスのショートゴロを鳥谷がエラー。この後ヒットと四球で満塁にしてしまうと、代打下園に2点タイムリーを打たれて1点差に迫られた。藤浪はここで無念の降板。初回に球数を要したのが終盤に響いたのかもなあ。

これまで投手交代のタイミングが遅かったベンチが、この日は早め動いた。
藤浪をイニング途中で降ろし、左バッター2人に対して高宮を投入。右の井出を迎えたところでは安藤にスイッチして、なんとかDeNAの反撃を断った。
8回は高橋がマウンドに上がり、筒香を三振に仕留めると、ここから福原に繋いで、この回も0に抑える。
そして9回はマテオが久し振りの3人切りで1点差を守りきった。

盤石とは言えない中継陣を駆使しての逃げ切り。藤浪は勝ち方にこだわっているようやけど、団体競技なんやからそんなに気にせんでええんとちゃうかな。

打線は初回、DeNA久保の制球が定まらないところを攻め、連続四球で作ったチャンスにゴメスが左中間を破る2点タイムリーで逆転。更に西岡のセンター前方のライナーを桑原が取り切れず、これがタイムリーヒットになって3点目が入った。
5回には藤浪がセンターの右を破る打球を放ち、これがスリーベースとなると、盪海竜樟轡侫薀い巴羃,靴裡嬰世鯆媛辰靴拭

この日はヘイグ以外のスタメンメンバーが全員安打を記録。それでも欲を言えば、久保の調子が悪かったので、序盤にもう少し点を取れててもよかったんちゃうかな。
2回に梅野がヒットで出塁したあと、藤浪が送れなかったシーンがあった。ベンチのサインも打たせるのか送らせるのか中途半端やった。序盤は送りバントはしない方針はいいと思うが、送るべきところはしっかりと送らんと攻撃が雑に見える。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(2) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/336559

トラックバック

今日からradikoを導入しました。さすがに仕事からの帰り道、1時間半ほどかかってしまうので、一球速報を追うのは、いろいろと厳しいなと先週気づきました。 というわけで、ほぼ20年ぶりくらいにラジオ中継聴いたなぁ。それこそ、東京に来た頃は、テレビもラジオもやっ
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/04/13 8:51 PM
(甲子園) DeNA100 000 200=3 阪  神300 010 00X=4 <投手> (D)久保康−ぺトリック−藤岡−須田 (神)藤浪−高宮−安藤−高橋−福原−マテオ ○藤浪3勝 Sマテオ3S ●久保康3敗 DeNAに1点差まで追い上げられた
FUKUHIROのブログ・其の参 | 2016/04/13 9:56 PM