虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 早めの継投で藤浪バースデー勝利 | main | 能見2回ノックアウト、中盤から育成試合に >>

初物を苦にせず、投打が噛み合って快勝
好投するメッセンジャーを若手が援護し、とどめはゴメスの一発。最後はマテオが締めて、このカードを勝ち越した。

陽川がファームでの成績を認められて1軍昇格。北條にはいい刺激になるやろ。早く出番が回ってきたらええね。
雨流れで岩田の登板が1回飛んだことでローテを再編し、球児を一度登録抹消した。課題のスタミナ不足を解消するのが目的かと思っていたが、どうやら1軍に帯同するらしいので、単なるリフレッシュなんかな。

盪海亘淆爐靴討發修里泙泙任禄わらず、対戦する度にタイミングとか相手の攻め方を学習している。江越もフルスイングで三振かホームランの段階から一段階成長した。横田は江越に奪われたレギュラーの座を取り戻そうと、少ないチャンスでしっかりと結果を出した。これだけ若手が活躍したシーズンってあったやろか。

同点で迎えた6回。盪魁鳥谷の連打でチャンスを作ると、江越がライトフェンス直撃のツーベースで勝ち越し。
マウンド上は駒大の後輩の今永。江越は前2打席は三振に倒れていたが、3打席目で先輩の貫禄を見せることが出来た。
続く横田も負けじとレフト前へタイムリーを放って意地を見せた。
福留の途中交代でたまたま3番江越、4番横田という並びになったが、それほど大きく戦力が低下したような感じがしない。将来は陽川も含めて、この3人のクリーンアップを見てみたいもんやね。

8回にはヒットで出塁した江越を1塁に置いて、ゴメスがレフトスタンドへホームランを放ち試合を決めた。
去年までは勢いで点を取っても、その後打線が沈黙することが多かったが、今年は終盤にちゃんとダメ押しが出来ている。
その分マテオにセーブが付きにくくなっているが、そこは高宮がちゃんとセーブシチュエーションを作ってくれたw

メッセンジャーは、DeNAの左バッターを8人並べてくる奇策をものともせず、8回を1失点の好投。
被安打8ながらも連打されたのは5回だけ。この回、無死1・3塁のピンチになって、ダブルスチールで同点に追いつかれたが、かえってピンチを拡大せずに済んで良かったと思う。

福留が4回にヒットを打ったときに足を痛めて交代。軽傷やったらええけど、太ももなので心配やね。心配な反面、外野の守備が盪魁江越、横田になるのは楽しみでもある。クリーンアップの打順はどうなるんやろね。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/336617

トラックバック

2年前に江越を応援しようと思って行った秋の明治神宮大会。そのときに、駒大のマウンドにいたのが、今日のベイスターズの先発の今永でした。やっぱり、実際に見ていると気になる存在だったので、その後の動向もずっと注目していたのですが、遂に対戦相手として立ち向か
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/04/16 5:41 PM