虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 能見2回ノックアウト、中盤から育成試合に | main | 土壇場で追いつくも、福原被弾で連日のサヨナラ負け >>

岩貞好投も勝利の方程式崩壊でサヨナラ負け
試合を締めくくる筈の2人が打たれて、まさかのサヨナラ負け。岩貞は2戦連続でこういう展開になって残念やね。

盪海スタメン落ち。単なる休養と思っていたが、右肘がロックしたので大事を取ったとのこと。もし遊離軟骨やったらまずいことになるなあ。

岩貞が7回を4安打無失点の好投。三振も10個奪い、開幕から3戦連続の2桁奪三振。これはセリーグでは初、左腕ではプロ野球史上初めての快挙らしい。
この日は無四球ピッチング。今の先発陣の中では一番安定してるんちゃうかな。
チームとしての課題のビシエド対策も完璧。3打席を三振、三振、ピッチャーライナーに抑えた。

7回終わって球数は100球。まだまだ投げられそうやったのに降板させたのは、前回の登板で8回まで引っ張って連打を浴びたからかな。
いいイメージのまま降板させようと配慮したのかもしれんが、育てるつもりで完投目指して投げさせるべきやったと思う。

折角の岩貞の好投を福原、マテオが帳消しにしてしまった。
福原は過去6試合を無失点に抑えていたので、そろそろ失点する頃とちゃうかと思ってた。
マテオは慎重になりすぎて、球を置きにいってる様やった。四球が多いので1点差では怖い。

打線は5回にヒットを集中して3点を取るも、それ以外は6回の横田のヒット1本だけ。これまで膠着した試合で突破口を開いてくれていた盪魁∧[韻欠場しているのが響いた。終盤に1点でも追加していたら、マテオも余裕を持って投げられたやろになあ。

鳥谷の不調が深刻やね。今のところヒット数より四球の数の方が多い。そろそろフルイニングを止める決断をせなアカンのとちゃうやろか。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/336671

トラックバック

昨日の試合は全くフォローアップできなかったので、とりあえず結果のみチェック。能見さんが初回から炎上で、ちょっと勝ち味が少ない試合だったようですね。映像も見ていないので、あれなんですが、負けてもタダでは終らない超変革タイガースは、陽川が初打席初安打を魅
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/04/17 2:21 PM