虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 決定力不足で延長12回逆転負け | main | 中4日メッセンジャー、4回途中7失点KO >>

風が演出、土壇場で追いつかれるもサヨナラ勝ち
それにしても毎試合胃の痛くなるような試合が続く。この日の甲子園は、終盤になって風が試合を翻弄した。

陽川と石崎を抹消して、岩崎と島本を登録。陽川の再調整は納得できるが、石崎が落とされる理由がわからなかった。どうやら肘の状態が悪くなったらしい。いいピッチングを見せていただけに残念やなあ。

鳥谷を8番に落とした打線。「原口の方が期待できる。自分で這い上がって来い。」とは厳しい言葉やね。鳥谷、奮起せなアカンで。

今シーズン1軍初登板の岩崎が初回に1点を失うが、その後は6回まで無失点に抑える。7回安藤、8回マテオが完璧なピッチングで強力カープ打線を抑え込んだ。
打線は4回に原口のタイムリーで同点に追いつくと、7回には大和のタイムリー、8回に鳥谷の犠牲フライで着々とリードを広げる。
このまますんなりと試合が終わるかに思われたが、9回表にマテオがツーランを被弾して追いつかれてしまう不味い展開。しかしその裏、1死満塁から盪海離薀ぅ帆哀織ぅ爛蝓爾妊汽茱淵蘊,繊

岩崎は初回、菊池に四球を与えると、丸のツーベースで早くも1点を失う。新井にも四球を与え、不安定な立ち上がりだったが、エルドレッドを三振に仕留め、鈴木を1塁ファールフライに打ち取ってピンチを切り抜けた。
2回は三者凡退に抑えるも、3回以降は毎回のランナーを背負ってのピッチング。それでも何とか6回まで1失点に抑えた。
今シーズン初登板にしてはまずまずのピッチングだったと思う。課題は四球やなあ。6イニングで5四球は多すぎる。

2点差リードで迎えた9回表。マウンドにはイニングまたぎのマテオ。球児は4連投になるので投げさせたくなかったので、この選択は間違っていなかったと思う。
しかし、先頭鈴木のショート後方のポップフライが風に流されて鳥谷が捕れずにツーベースになってしまうと、続く代打安部のライトへの平凡なフライも風に流されてスタンドイン。あっという間に同点にされてしまった。

いつもの浜風がやみ、ライトへフォローに吹く不運。ここのところお見合いだったり、鳥谷の落球だったり、マテオのコントロールミスだったりと、終盤にばたついて勝ちきれない試合が続いているが、この日ばかりは鳥谷、マテオを責めるのは酷。それでも、なんだかなあという感じはしたが…

9回裏の攻撃、先頭の大和が左中間を破るツーベースを放つ。今成が見事な送りバントを見せ、1死3塁の絶好のチャンスを迎える。ここで広島は、福留、ゴメスを連続敬遠。満塁にして盪海箸両”蕕暴个拭
盪海錬乙緻椶鯊任疎擦覆辰董▲機璽匹悗離侫 璽襯侫薀ぁところが、逆浜風が今度はこちらに味方した。
風に流された打球をさっきホームランを打った安部が落球。まさに風にもて遊ばれているような感じ。
命拾いした盪魁続く3球目をライト前に弾き返し、大和が還ってサヨナラ勝ち。風が帳尻を合わせてくれた。

甲子園の魔物は高校野球だけでええよ。阪神の試合のときはじっと潜んどいて欲しいw
盪海離廛軆蕕離汽茱淵藺任北箸犬董■隠軌詑任韮甘世靴取れなかった事は触れないでおこうw

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/337569

トラックバック

今日の先発は、今年初でようやく戻ってきてくれた岩崎。期待の初登板になりましたが、一方で、石崎が陽川と共に抹消。中継ぎ3連投でいいモノを魅せてくれた石崎でしたが、コンディションの問題とか。う〜ん、やっぱり、あまり無理させられないのかなぁ。心配です。
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/05/22 2:13 PM