虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 岩貞3度目のグラスラ被弾 | main | 中谷4安打も打線が繋がらず >>

メッセンジャー好投も味方のエラーから3失点敗戦
最近はもう見慣れてしまった守りのミスと不運なヒットで、好投していたメッセンジャーが敗戦投手になった。広島が神ってるのなら、阪神はドツボってるとでも言うのかなあ。

原口、岩貞、藤浪の3人が監督推薦でオールスター出場が決まった。初出場の原口と岩貞にはいい経験になると思う。藤浪にも不振脱出のきっかけにしてもらいたい。

上本を1番セカンドで起用。西岡の右肩の状態があまりよくないんやろうと思う。

メッセンジャーは3者三振の立ち上がり。その後も安定したピッチングで、5回まで10奪三振を奪う完璧なピッチングを見せる。ところが、6回1死1塁から橋本到の送りバントをゴメスがファンブルして1・2塁。坂本のピッチャー返しがメッセンジャーのグラブに当たって打球方向が変わり、上本が逆を突かれる形になって先制されてしまった。更に長野の犠牲フライ、阿部のタイムリーでこの回3失点。
7回のチャンスで打席が回って来たために、代打を送られて降板。打線の追い上げも届かず、11奪三振を奪いながら負け投手になってしまった。

ここのところゴメスの守備がおかしい。DeNA戦でのお見合い以来、守備に自信をなくしてしまっているように見える。打つ方でも結果が出せず、悪い悪循環になっているように見える。

読売先発の内海もメッセンジャーに負けず劣らずのピッチングをしていたが、つけいる隙が無かった訳ではない。
2回先頭の福留がツーベースで出塁。メッセンジャーが3者三振でリズムを作った直後だったので、ここで先制しておくと試合を有利に進める事が出来た。しかし、続く良太はサードゴロで福留釘付け。北條、中谷がライトフライに倒れて、折角の先制のチャンスを逃した。

色んなタイプのピッチャーに対して準備と工夫で対応しろと言うのが金本監督の方針。ただし、中堅には状況に応じた対応が求められるのは言うまでもない。良太は最低限でも福留を3塁に進めるバッティングをしなければいけなかった。次の打席ではイニングの先頭バッターでありながら、追い込まれるのを嫌ったのか、2球目を打ってサードゴロに倒れた。交代させられたのは懲罰やろね。

7回に2死満塁のチャンスで原口が四球を選んで、ようやく1点が入る。続く代打西岡は1塁ゴロで1点止まり。自力で点が入らんのがなあ。もうちょっと粘って、宮國を苦しめてもよかったんちゃうかな。

8回、鳥谷に1ヶ月ぶりのホームランが出たものの、ここは東京ドーム。甲子園だったらどうやったろね。まだまだ復調とは言えないと思う。

9回先頭の江越が四球で出塁するが、北條、中谷が三振に倒れる。中谷は高めのボール球に手を出し過ぎた。意識が完全に高めに行ってたので、アウトローストレートを見逃してしまった。
原口がなんとかヒットで繋いだが、代打伊藤隼が初球のボール球に手を出して1塁ゴロに倒れた。長打が欲しかったので伊藤隼を起用したんやと思うが、ここは盪海諒がよかったかも知れんなあ。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/338672

トラックバック

今日からの東京ドーム3連戦。例によって、会社帰りに寄って応援しようということでチケット確保しました。 というわけで、仕事を切り上げて、いざ水道橋へ!到着は試合開始後で、ドームに入ったときには、すでに1回裏の守備。とりあえず、席に着いて臨戦態勢を整えて・
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/07/07 12:08 AM