虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< ゴメス決勝ツーラン 、ウル虎の夏初戦を勝利で飾る | main | ゴメス復活!ツーラン連発で今季初の4連勝 >>

ウル虎パワー炸裂!一挙9点の猛攻で大勝!
猛虎打線が爆発。黄色ユニを着た選手たちがダイヤモンドを駆け巡る。もうシーズン終わるまでウル虎企画を続けたらどうよ。

西岡のアキレス腱縫合手術が無事終了。リハビリは長くて辛いものになると思うが、これを乗り越えて元気な姿を見せてもらいたい。なあに、医療やリハビリの技術が確立されてなかった時代に、南海の門田がアキレス腱断裂から復帰してホームラン王になったんやから、西岡に出来ない筈がない。

北條が初めてショートでスタメン出場し、無難に守備をこなした。最終回の6−4−3は流れがちょっとぎこちなかったかな。
ともかく、鳥谷のフルイニングを止めたことで、色々と試すことが出来るようになった。この際やから、植田にも1軍を体験させてはどうやろか。

4回に四球と犠打を挟んで球団記録の10打数連続安打で9得点。大量点を背景に能見が涼しい顔で完封勝利。

2回に能見が先頭のバレンティンを四球で出し、大引、西浦の連打で無死満塁のピンチを迎える。内野の守備体型は1点やむなしのゲッツー体制。しかし、ジェフンから三振を奪うと、中村を1塁ゴロゲッツーに打ち取って、無失点で切り抜けた。ここで先制を許さなかったのが、この試合の大きなポイントになった。
8回のピンチも比屋根、荒木を連続三振に取って見事に抑えた。ここは大量点差だったので、思い切って攻めのピッチングが出来たんやろなあ。

打線は4回に江越、福留の連打から原口のスリーランで先制。更にゴメス、新井、荒木の3連打で追加点を挙げる。能見の送りバントで2・3塁とし、盪海裡嘉瀬織ぅ爛蝓爾妊筌ルト先発杉浦をノックアウトした。
なおも打線は2番手中島にも襲いかかり、満塁から福留が押し出し四球を選び、原口が2点タイムリーを放って、このイニング9点の猛攻を見せた。

原口は1イニング5打点。これは金本監督と並ぶ球団記録。軽いスイングでレフトスタンドへ運べるところなんかは天性のものなんやろね。

盪海牢袷瓦吠匹鮠茲蟇曚┐燭澆燭い笋諭インコースの対応が以前と比べてかなりよくなった。西岡、鳥谷がいない打線の中でしっかりと存在感を出している。欲を言えば、もう少し四球を選べるようになったらなあ。そうすれば楽々と3割バッターになれる筈。

ゴメスがこの日も好走塁を見せた。下半身の動きがいいのが打撃にも繋がってるんかな。

大勝したけど点を取ったのは1イニングだけ。最終回の守りでは内野フライを良太と荒木がお見合いした。バカ勝ちした翌日はさっぱり打てない事も多い。気を引き締めて次の試合を戦って欲しい。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/339168

トラックバック

ウル虎の夏2試合目は、ゴールデンウィークのあの3連続完封勝利以来の三連勝を狙っての試合になりました。いやぁ、久しぶりにのんびりと余裕を持って見ることができましたね。 今日も仕事帰りにラジオ、帰宅してからテレビでの応援。ABCラジオで吉田さん、GAORAで岡さん
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/07/28 8:09 PM