虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< ウル虎パワー炸裂!一挙9点の猛攻で大勝! | main | 藤浪初回の一発に泣く、打線も沈黙で連勝ストップ >>

ゴメス復活!ツーラン連発で今季初の4連勝
この日も打線爆発。ちょっとヒヤッとする場面もあったけど、大量点に守られて快勝。

打線が前日に続いて爆発。原口、ゴメスが揃って3安打4打点で中盤までに大量リード。しかし、5回まで素晴らしいピッチングを見せていた青柳が、6回に突然コントロールが乱れて降板。急遽リリーフした安藤が3点を失い、7回に高橋も1点を失った。それでも大量点が幸いして4連勝。

1点先制された直後の4回裏、福留がライトへスリーベースを放つと、原口のタイムリーで同点に追いつく。続くゴメスのホームランであっさりと逆転。更に、良太のツーベースとワイルドピッチで1死3塁にして、北條のスクイズでこの回4点を奪う。
5回にも盪海離帖璽戞璽垢隼融犁紊破塁のチャンスを作り、原口が走者一掃のツーベースとゴメスのバックスクリーン弾で一挙5点のビッグイニングを作った。

打線の切れ目が少なくなったし、小技も決まるようになってきた。なにより、ホームランの後にチャンスを作り直して追加点を取るところがええね。技術面が急に良くなるとは思えないので、メンタルの部分が大きいと思う。

ゴメスの調子がよくなった。打てなくても必死の走塁を見せるなど、前向きな姿勢が不振脱却に繋がったんやと思う。ゴメスの復活で、クリーンアップの前にランナーを置くと何とかしてくれると思えるようになり、前後の打順の役割が固まってくる。この状態を維持して欲しいもんやね。

青柳は5回まで2安打1失点の好投。ところが、6回になって突然コントロールが利かなくなり、3連続四球で無死満塁のピンチを迎えて降板させられた。
球数も少なく、完投してもおかしくない内容やったのに、あまりにももったいない。大量点が入ったので気が緩んだかな。この四球癖だけはなんとかせんとね。

リリーフした安藤はバレンティンを三振に仕留めるも、今浪、大引への連続押し出しと森岡の内野安打の間に3点を失う。コースの出し入れで勝負する安藤にとって、不運な判定もあった。7回には高橋がピリッとせず1失点。
セーフティリードとはいえ、流れが向こうに行ってしまっていたので心配したが、4点差で球児、ドリスを投入して事なきを得た。

これで4位に浮上した。次のカードの中日戦もこの調子で突き進んで欲しい。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/339188

トラックバック

今季初の四連勝にチャレンジとなったウル虎の夏3試合目。昨日の勢いのまま、再び打線が爆発した前半と、ちょっとした隙から流れが悪くなってしまった後半という、ちょっと上下動の激しい試合となりました。 その勢いのよかった前半はラジオ、5回大量得点になった原口
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/07/29 8:10 PM