虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 上本満塁一掃タイムリー、岩貞9勝目 | main | 鶴岡引退 >>

5連勝で4位浮上
消化試合とは言っても4位を目指してヤクルトとの直接対決。ミスで逆転されたのをひっくり返す事が出来てよかった。

板山、北條の1・2番コンビ。上本を7番に下げて、8番にキャッチャー坂本のオーダー。

初回に板山、北條の連続長打であっさりと先制。先発青柳は3回に1点を失うものの、6回まで3安打1失点と試合を作る。7回、ヒット、盗塁、自身のエラーで、青柳が1死1・3塁のピンチを迎えたところで岩崎にスイッチ。岩崎は坂口をショートゴロに打ち取り、本塁タッチアウトでツーアウト。川端も当たり損ないのサードゴロに打ち取る。ところが、これを鳥谷がまさかのトンネル。とうとう勝ち越しを許してしまった。すぐさま盪海瞭嬰瀬織ぅ爛蝓爾把匹ど佞も、山本、サターホワイトが打たれて再び勝ち越される。それでも8回、鳥谷のヒットを足掛かりに原口、荒木の連続ヒットで追い付いた。そして1死1・3塁でバッターは梅野。初球スクイズがファールになって失敗。しかし、2球目をしっかり捉えてセンター前に殊勲の勝ち越しタイムリー。最後はマテオがピシャッと抑えて5連勝。

先日青柳はファームで8四死球を出しながら4回2安打2失点(自責1)の怪投を演じたらしい。そう言えば8月の読売戦でもそういう試合があった。
四球のランナーを出してもやっちまった感がない。よほど心臓が強いんやろなあ。四球がらみで失点することはあっても、ちゃんと試合は作ってくれている。
荒れ球は仕方ないにしても、せめて1塁への送球はストライクを投げるようにして欲しい。まだまだ伸び代がありそうなので、このオフにどれだけ成長するか楽しみやね。

岩崎は能見以上にセットアッパーの適性があるかもしれない。7回に勝ち越された後、なおも2死満塁でバレンティンを迎えるが、最速146キロのストレートで三振に打ち取った。先発のときより10キロも速いストレート。打席ではもっと速く見える事やろう。以前の球児のように、ストレートで勝負できるピッチャーになって欲しい。

板山、北條がパンチ力のあるところを見せてくれた。荒木は代打からの出場で2安打。2打席とも得点に絡んだ。3人とも試合の流れを作る、見事なバッティングだった。
梅野は結果オーライやけど、ナイスタイムリー。監督の「期待してなかった」は「期待される選手になれ」とのエールやと思え。そのためにも出されたサインにしっかりと応えられるようにならんとアカンよ。

盪海とうとう坪井の新人最多安打に並んだ。次の目標は長嶋の新人猛打賞記録と10HR。是非最後の読売2連戦で達成して新人王を確実なものにして欲しい。



パリーグは日本ハムが11.5差をひっくり返して優勝を決めた。
大谷が1安打完封で10勝目。天王山の直接対決でも登板して勝利投手になっている。北條、藤浪と同じ高卒プロ4年目の大谷が、彼らとは別の次元で覚醒を遂げた。
日本ハムのドラフト戦略もさることながら、栗山監督が上手く選手の闘争心に火を着け、チームを一丸にまとめた。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/340527

トラックバック

今シーズンもラスト3試合。もう今週末で終わりなんですねぇ。 ここまで遅ればせながらも、投打が嚙み合っての4連勝で、7連勝フィニッシュも見えてきた残り試合ですが、ここまでは優勝も決まって、ややモチベーションも下がっていたジャイアンツとカープ、そし
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/09/29 8:40 PM