虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 鶴岡引退 | main | 7連勝でシーズン終了 >>

俊介サヨナラ犠飛で6連勝
消化試合でもサヨナラ勝ちは気持ちがいい。それにしても、ここ数試合の打線の粘りはなんやろう。

青柳と狩野を抹消して、望月と植田を登録。この日は1点を争う試合になったので、残念ながら出番はなかった。最終戦は是非どこかで起用して欲しい。

ゴメス、鳥谷、福留を外して若手中心の打線。読売も坂本、長野、阿部を外していたので、まるでオープン戦のようなスタメンだった。

藤浪が6回を1安打無失点。完封ペースではあったが、中継ぎテストのために7回から継投に入る。能見は7回を三者凡退で終わらせたが、8回に岩崎が1点を先制される。しかし、9回に盪魁原口の連打でチャンスを作り、福留のタイムリーで同点に追いついた。その後、鳥谷のヒットで満塁とし、最後は俊介の犠牲フライでサヨナラ勝ち。

藤浪は初回に吉川にヒットを打たれるが、その後はノーヒットピッチングを繰り広げた。コントロールは安定し、変化球でもちゃんとストライクが取れていた。遅まきながら自分のピッチングを取り戻せたようやね。壁にぶち当たったのをいい経験にして、来シーズンはエースとして復活してもらいたい。

岩崎が8回1死からマウンドに上がり、バタバタと1点を奪われた。雨が強く降っていたこともあるが、イニングの途中からだったのでリズムに乗れなかったのとちゃうかな。実戦の中で課題が出てよかったと思う。

盪海錬慌鵑縫團奪船磧雫襲のヒットを打ち、球団新人最多安打記録をマークした。そして、このヒットがサヨナラ劇の足掛かりになった。続く原口のヒットで一気に3塁を陥れた走塁も素晴らしかった。

若手がお膳立てしたところで福留がきっちりと結果を出す。鳥谷も流れに乗ることが出来た。
福留は初球を捉えてレフト前にタイムリー。流石はベテラン。しっかりと準備が出来ていた。
鳥谷はライトへ鋭い当たりのヒット。その前の守りのミスを帳消しにした。
そして満塁で俊介。何とか喰らいついたものの浅いセンターフライ。タッチアップは難しいかと思ったが、三走原口がよく走ってくれた。

残りの野手は大和と植田しかいなかった。監督の「代打がいなかった」は本音なんやろ。前の試合の梅野にせよ、この日の俊介にせよ、期待されてなかった選手が試合を決めた。消化試合だから6連勝したのではなく、チームの状態がいいから連勝が続いているんやと思う。

さあ、順位決定は最終戦に持ち越し。勝って、いい気持ちでシーズンを終えて欲しい。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/340565

トラックバック

いよいよ、今シーズンのラスト2試合。先々週の雨天中止の2試合がそのまま最後に回ってきました。 今日もラジオ&テレビでの応援になりましたが、ラジオの方はいつものABCがすでにオフ番組になっていたので中継なし。MBSの方で亀ちゃんの解説でのラジオ応援。ちょうど
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/10/02 10:12 AM