虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 秋山見殺し、今季初の完封負け | main | 投打がかみ合って快勝 >>

上本、全得点に絡む活躍
初回いきなりの4連打。完封負けを引きずるんやないかと心配していたが、反発力を見せてくれた

良太を抹消。今年は打撃が開眼したかと期待してたが、ここまで打率は000。ポジションの被るキャンベルが登録されたので仕方ないわな。
そのキャンベルが5番ファーストで初スタメン。きっちりと結果を出してくれた。

打線が井納の立ち上がりを攻め、2回までに4点をリードする。しかし、藤浪の制球がままならず、3回には投内連係のミスでピンチを広げ、筒香のタイムリーで1点を失う。5回には筒香に一発を浴びて、徐々に点差が縮まっていく。藤浪は5回で降板し、6回岩崎、7回高橋を投入。この2人がDeNA打線をピシャリと抑えて流れを作ると、7回裏にキャンベルの来日初タイムリーでダメを押した。後は勝ちパターン継投で逃げ切り。

上本が全得点に絡む、素晴らしい働きを見せた。お立ち台には上がらなかったが、間違いなくこの日の打のヒーローだった。
初回、盪海鬘盈櫃肪屬い董▲譽侫叛錺帖璽戞璽垢鯤ち、チャンスを拡大。その後の3得点のお膳立てをした。2回には2死2・3塁の場面でライトにタイムリー。そして、7回にはイニングの先頭バッターとして、粘った末に低めの変化球を見極めて四球を選び、キャンベルのタイムリーで生還した。
クリーンアップへの繋ぎ役として、また下位打線が作ったチャンスの受け皿としてしっかり機能している。

キャンベルが初スタメンで2安打1打点。まだ評価できる段階ではないが、少なくともブンブン振り回して三振を量産するタイプではなさそうやね。

藤浪は調子が悪かったというか、普通に戻ったというか、締まりのないピッチングだった。
3回1死2塁の場面で梶谷のピッチャーゴロを捌く。二走桑原が飛び出しているのを見てセカンドへ投げる。しかし、送球が逸れて1死1・3塁とピンチを広げ、続く筒香にタイムリーを打たれて、やらずもがなの1点を取られてしまった。
抜け球も多く、5イニングで5四球。4回2死から8、9番に連続四球を出したのはアカンやろ。

ドリスが球団タイ記録となる月間10セーブ目を記録。1度はリリースした選手が、まさかこんな記録を作るとはね。再契約しててよかった。ひょっとすると月間MVPを取るかもしれんなあ。



auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344255

トラックバック