虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 代役横山、5回1失点で今季初勝利 | main | 上本、全得点に絡む活躍 >>

秋山見殺し、今季初の完封負け
秋山が今季最高のピッチングを見せるが、打線が初物ルーキーをさっぱり打てず。

原口を外して中谷を5番ファーストで起用。若手の打撃の調子が落ちてきたら、またオープン戦のようなスタメンになって来た。この日1軍に登録されたキャンベルを含め、今季シーズンも日替りオーダーになる予感がする。

秋山は初回に1点を失うものの、その後はDeNA打線を完璧に抑え、今季初めての7回も三者凡退で簡単に乗り越えた。8回、この試合3本目のヒットを打たれ、その後2死2塁となったところで降板。7回2/3を1失点。被安打3、無四球、11奪三振の堂々たる内容だった。これで3試合連続の無四球試合。今、チームで一番安定してるんやないかな。
それにしても、一番打たれた試合で勝ち投手になって、完璧なピッチングをした日に負け投手になるなんて理不尽やね。

打線はルーキーの濱口の前に6回までノーヒットに抑えられる。工夫がないというより、何もさせてもらえなかったという感じがした。
7回先頭の糸井が三遊間を破り、ようやくノーノーを阻止。2死から鳥谷の内野安打と原口の四球で2死満塁としたところで山崎康にスイッチされ、代打良太が三振。
8回には3番手三上から2死2・3塁のチャンスを作るが、福留がセカンドゴロに倒れた。

誰がブレーキになったとかではなく、濱口がよすぎた事と、DeNAの勝ちパターンリレーにかわされたという事。向こうさんもルーキーがあれほどのピッチングをしたのに、負けをつける訳にはいかんと必死やったやろね。

ちょっと気になるのが盪魁中谷、梅野の3人の打撃。
盪海魯▲Ε肇魁璽垢貌┐欧詈儔週紊紡个靴鴇綢里世韻膿兇蠅帽圓辰討い襪茲Δ妨える。外の球をもっと踏み込んで、レフト方向に追っつけるバッティングをして欲しい。
前の試合で活躍した中谷は4打席4三振。積極性がまったく見られなかったのが残念。もっと思い切りのいいスイングが出来なかったんやろか。見逃しの3球三振なんてしてたらアカンよ。
梅野は9試合連続ノーヒットで打率が下降中。この試合が終わった時点で打率は159。梅野を正捕手として育てる方針は固まっているようだが、1割近くまで下がった場合でも我慢して使い続ける事が出来るんかな。このまま下がり続けたら、原口再コンバートの話も出てくるんとちゃうやろか。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344219

トラックバック