虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< また田口を打てずに敗戦 | main | 秋山見殺し、今季初の完封負け >>

代役横山、5回1失点で今季初勝利
10安打の読売に5安打で勝利し、このカードを勝ち越した。後の投手陣もよく踏ん張ってくれた。

藤浪のインフルエンザ感染で偶然にも出番が回ってきた横山が先発。1番レフトで起用された中谷ともども、素晴らしい活躍を見せた。

初回に中谷のツーベースを足掛かりに、福留のタイムリーで1点を先制。3回には中谷、上本の連打と糸井の四球で満塁6おし、福留の犠牲フライで1点を追加した。横山は毎回ヒットのランナーを出しながらも、5回を1失点に抑える好投。6回からは桑原、マテオで終盤の読売の反撃をかわし、最後はドリスが3人で締めた。

横山、今季初勝利おめでとう。正直なところ、これほど粘り強いピッチングを見せてくれるとは思ってなかった。
3回は連続四球から村田にタイムリーを打たれ、続くマギーにストライクが入らず3ボールとなる。このまま崩れてしまいそうだったのに、なんとかカウントを整えて三振に打ち取った。
5回を6安打1失点。ヒットはそこそこ打たれたが、長打を避けられたことと、先頭バッターを出さなかった事が好投に繋がったんやろね。
アクシデントがなくても、夏場になればきっと出番があると思うので、ファームでしっかりと準備していて欲しい。

6回に桑原がマギー、長野のヒットで1死1・2塁のピンチを迎える。ここで小林が送りバントを空振り三振。飛び出していたマギーを刺そうと、梅野から北條に送球したが、北條が落球してマギーに3塁へ進まれた。三振ゲッツーでチェンジだったのが2死1・3塁のピンチ。
そして、この場面で代打阿部が登場。歩かせるかと思いきや、バッテリーは勝負に出る。結果は桑原の渾身のストレートで三振を奪い、北條のミスを帳消しにした。

7回。桑原の2イニング目。簡単にアウトを2つ取るも、坂本に内野安打を打たれ、村田にも繋がれて2死1・2塁とされる。続くマギーのところでマテオを前倒しで投入した。
投手交代だけでなく、7回の守りから出した盪海鬚垢阿飽っ込め、レフトから1塁に回った中谷をまたレフトに戻すドタバタ劇。ベンチは相当に焦ってたんやろなあ。
しかし、ここもマテオがマギーを三振に仕留めて、なんとか0に抑えてくれた。

打線は1番中谷の起用が的中。1打席目でいきなりレフト線にツーベースを放つ。3回の2打席目には1死ランナーなしの場面でセンター前ヒットで出塁。切り込み隊長としての役割をしっかりと果たした。
最近盪海調子を落としている。インコースでカウントを稼がれ、外への変化球であえなく打ち取られる場面が多くなった。ここ何試合か得点力が低下している理由の1つだと思う。
出塁率だけを考えれば鳥谷や北條を1番にした方がいい。それでも、敢えて中谷を1番に持って来た。長打のある選手を1番に据えて、相手ピッチャーにプレッシャーを掛けたかったのかもしれない。そして、その期待に中谷が応えてくれた。

打線は福留がこの3連戦で6打点の活躍。チーム全体で7点しか取れてなく、そのうち1点は押し出しでの点なので、福留の活躍がなければ3タテを喰らっていたかもしれない。
この日も初回に中谷を3塁に置いて、ライト前へ先制タイムリー。3回には満塁のチャンスでセンターへ犠牲フライを上げた。ライナー性の強い打球だったので、もう少し右中間寄りだったら抜けていたのになあ。




auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344198

トラックバック