虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 執念を見せて1点差までに迫る | main | 藤浪407日振りに勝利 >>

秋山自己ワーストの8失点で大敗
秋山がまさかの8失点。5回辺りで限界が来ていたようだったが、ブルペンの事情で引っ張らないといけなかったんやろなあ。

ドリスが高熱が出たために登録を抹消された。クローザー不在という緊急事態。誰をクローザーにするにしても、ここ一番で使いたい中継ぎが1枚使えなくなるのは辛い。

秋山は初回、盪海隆頬なプレーと植田のエラーで1点を先制される。その後は悪いなりにも日ハム打線を抑えていたが、5回1死3塁から中島に犠牲フライを打たれて2点目を失った。6回にはランナーを1人置いて、中田に甘いカーブを投げてしまいホームランにされて、ここまで4失点。更にそのまま7回も続投して大炎上。7回途中でノックアウトされた。ドリスが居なくてブルペンが苦しいのはわかるが、エース格のピッチャーをここまで晒し者にしたらアカン。

守屋は火消しに失敗するだけでなく、イニングまたぎの8回には四球を挟む3長短打で3失点。若手の中継ぎがまったく育たんなあ。

打線は毎回ランナーを出しながらマルティネスから1点も奪えず。特に右バッターはカットボールに翻弄され、打てる気配すらなかった。6回の中谷の送りバント失敗も、打つ自信がなかったからだと思う。

8回に福留のツーランで遅まきながら反撃開始。9回には俊介のタイムリーで1点を返す。焼石に水ではあるが、最後まで諦めなかったところだけは評価できる。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/351768

トラックバック