虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 藤浪407日振りに勝利 | main | いいところなしで交流戦負け越し >>

土壇場で執念の逆転、球児久々のセーブ
1点ビハインドでの最後の攻撃。1死2塁から中谷が右中間を破るツーベースを放って追い付いた。更に原口がヒットで繋いで、代打盪海勝ち越しのタイムリー。最後は球児がヒヤヒヤさせながらも虎の子の1点を守りきった。

ファーム中日戦で、ロサリオがバックスクリーン右へ甲子園初ホームランを放った。当たれば飛ぶんよなあ。外の変化球が我慢出来るようになりさえすれば、1軍復帰出来るんやけどなあ。

最近になって急に粘り強いチームになったように思う。その原動力になっているのは間違いなく中谷の好調。それに引っ張られるように、他の若手も結果を出している。

中谷、ナイスバッティング。則本の150キロオーバーの真ん中ストレートを見せられながら、アウトローのスライダーによくついて行った。
盪海漏阿諒儔週紊魑佞蕕錣困縫譽侫箸悄0っ張っていたら引っ掛けてゲッツーだったかもしれない。

岩貞が、則本と対等に渡り合って、8回途中1失点の好投。岩貞が投げる日は相手チームのエースと当たる事が多いので、どうしても勝ち数が伸びない。それでも、ピッチング内容はメッセンジャー、秋山に続く第3のエースと言ってもいい。能見が後ろに回った今、エース左腕として頑張って欲しい。

9回のマウンドに球児が立ったのを見て、すごく懐かしい感じがした。アマダー、茂木を空振りの三振に打ち取って以前の球児を彷彿させた。その後ランナーを2人出してハラハラさせられたが、これも懐かしの球児劇場だった。

この試合で楽天の借金が20になって、梨田監督が辞任した。一時は阪神の監督候補に名前が挙がっていたので複雑な気分やなあ。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/351801

トラックバック