虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 連敗で後がなくなる | main | 藤浪、メジャー挑戦 >>

エラーで逆転負け、矢野阪神終了
エース青柳の好投と4番大山のタイムリーで、ファイナルステージで初めて勝てそうな試合だったのに、終盤に四死球とエラーでひっくり返された。良くも悪くもこれが矢野野球なんだと納得の敗戦。

前日ベンチスタートだった佐藤輝をスタメンに戻した。しかし、2四球で無死1・2塁の場面で佐藤輝にバントをさせた。結局失敗してランナーを3塁に進められなかった。2年間佐藤輝を育ててきて、その集大成が大事な場面での送りバントというのはどういう事だろう。チャンスで送りバントをするような選手に育てたのではないだろう。

青柳が6回まで3安打無失点。投手3冠に相応しいピッチングだった。打線は4回に陽川の犠牲フライで先制。5回には青柳がツーベースを打つものの、中野が送りバントに失敗。それでも北條のツーベースでチャンスを広げると、大山のタイムリーで2点を追加した。6回が終わったところで3−0でリード。誰もがファイナルステージ1勝目を疑わなかったと思う。

ところが、7回に青柳が3つの四死球で2死満塁のピンチを招き、山崎の1、2塁間のゴロをマルテが捌いてセカンドへ投げるがこれが悪送球となって2点を返された。浜地にスイッチしたが、いきなり四球を出して再び満塁。そして村上はピッチャーゴロに打ち取るが、浜地のグラブトスが悪送球となって逆転された。

青柳の6回までの内容なら、7回続投は間違いではない。岩崎とケラーが不安定なので、なるべく長いイニングを投げて貰いたかったのだろう。できれば8回まで投げて湯浅に直結したかったのだと思う。マルテのエラーが無ければ、何事もなく7回を無失点に抑えて、8回から継投に入れただろう。ただ、安全に逃げ切ろうとするなら、7回から継投にした方がよかったかもしれない。それと、1塁の守備固めも必要だったろう。この辺りの慎重さがあれば、4年間の内に1度はリーグ優勝出来たかもしれない。

この日をもって矢野阪神は終了。4年間お疲れさまでした。ありがとうございました。
采配や守備力について不満はあったものの、4年間Aクラスを守ったし、優勝争いをしたシーズンもあった。シーズンの終盤には脅威の粘りを見せる
底力を見せてくれた。首脳陣と選手との関係がよかったんだと思う。今シーズンもあれだけ負け続けたにも関わらず、最後は3位に滑り込んだ。
チーム編成面では、ドラフトで獲った選手をしっかりと育てて若返りを図り、これまでのベテランが引っ張るチームから若手が伸び伸びとプレーをするチームへと変えてくれた。今のチームは個々の能力や記録を見る限り、バランスの取れた優勝を狙えるチームに成長したと思う。
一方で、選手の自主性を重視するあまり、選手任せになってしまう事が多かった。若い選手が、試合の中の場面場面で、自分が何をすべきかを判断するのは難しい。長打を狙う、繋ぐ事を狙う、ランナーを進める、走ってチャンスを広げる、走らずにヒットゾーンを広くする、それぞれのシチュエーションを正しく判断するには、俯瞰的に試合を見ているベンチがアドバイスしないといけなかったと思う。
複数ポジション制も問題があった。エラーが増える原因になるのはもちろんの事、主力がバッティングに専念出来ないという弊害が出た。今年は昨年にも増して、色んなポジションを守らせた。大山と佐藤輝の成績が昨年より落ちたのは偶然ではない。
もう1点、誰も指摘していないが、代打の切り札の存在を作れなかった事も悔やまれる。今シーズンは糸井を代打で使う場面もあったが、糸井も4打席で成績を残す選手。戦況を見極めて、自分の出番を想定して準備をする。専任でないと難しい。盪海箙庄曚鬚修Δいιに育てて欲しかった。
auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/370042

トラックバック