虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 小野、アクシデントから6失点 | main | 能見好投、完封リレーでロッテに連勝 >>

交流戦初戦、今季最多の15得点で勝利
先ずは交流戦初戦に勝利。中盤以降は誰が打ったのか、覚えられないぐらいのお祭り状態。面白いように点が入った。もっと点の取り合いになるかと思ったが、リリーフ陣が試合を締めてくれたので、中盤以降は一方的な試合になった。

江越がファーム落ち。代りに俊介を登録して、いきなりスタメンで起用した。

鳥谷が6番サードでスタメン復帰。DHで出場すると思っていたので驚いた。DHは3番糸井。センターには俊介を8番で起用し、5番ファーストはキャンベル。中谷と原口は試合を見て勉強しろと言うことかな。

初回に糸井のツーランで先制するが、3回に盪海離┘蕁爾搬舂罎縫帖璽薀鵑如逆に2点のビハインド。しかし、3回に盪海離愁蹈曄璽爛薀鵝■寛鵑貿潴遒離好イズで同点に追いつくと、5回に打者10人の猛攻で一挙6点を奪って勝ち越しに成功。その裏、秋山が無死満塁のピンチを迎えるが、なんとか3点で踏み止まる。打線はその後もロッテのリリーフ陣から得点を重ね、15−7で快勝。

ここしばらくランナーを溜めても還せていない。初回に糸井のツーラン、3回に盪海離愁蹐出たが、序盤はホームランの得点だけ。
4回、俊介がツーベースで出塁し、牽制悪送球で1死3塁になったところで、梅野が見事にスクイズを決めた。交流戦前までの戦い方だと、内野ゴロでゴロゴーか、犠牲フライを狙っていた。ロッテの内野もここでスクイズはないと読んでたと思う。
単に相手の裏をかいた作戦が成功したというより、1点を取りに行く大切さをチーム内に浸透させたかったので、あえて同点スクイズなんて泥臭い作戦を使ったのかもしれない。
6回、7回、9回はチャンスを作りながらも2死になってしまうものの、ここからタイムリーが出た。ランナーを残したくない、自分でイニングを終わらせたくないと、皆が必死になってくれたおかげやね。

糸井が初回にライトスタンドへ先制ホームラン。その後,ヒットは出なかったが4四球で貢献。去年までパリーグに居たので相手の事をよく知っているし、相手も糸井の怖さが分かってるから、こういう結果になったんやと思う。バッティングの状態も上がって来ているので、交流戦のキーマンになる予感がする。

福留も3安打2打点と活躍。3回の無死2塁で、ロッテが糸井を敬遠して福留勝負を選らんだのはなんでやろ。
いつもなら右方向に引っ張って最悪でも進塁打を狙う福留が、この打席では三遊間を狙って流し打った。糸井が敬遠されたのを見て、「なめんなよ」とばかりの一打。4番の意地を見せつけた。

鳥谷がフル出場。打席ではフェースガード付きのヘルメットを着けて、5打数2安打1打点の活躍。顔面死球を当てられてからまだ1週間も経っていない。それなのに定位置に戻り、大量点差にも関わらず最後まで出続けた。打撃でも左ピッチャーに腰が引けていない。もう鉄人を通り越してターミネーターやわ。

俊介がツーベース3本の3安打4打点。昇格してすぐのスタメン起用に応えて長打連発の大活躍。あえて中谷でなく、俊介をセンターで使ったのは打線の繋がりを考えての事だったと思うが、そんなベンチの期待以上の結果を出してくれた。
俊介と言えば守備とバントの人というイメージが強い。多分この日も場面によっては送りバントのサインが出ていたと思う。ただ、この日はランナーなしや、2死の場園だけだったのでフリーに打つだけ。しっかりとアピール出来てよかった。

秋山は今シーズン自己最悪の5回7失点。5回にロッテの反撃を喰らうが、ほうほうの体でピンチを脱出する事ができた。
この日の秋山はボールが高めに浮く事が多かった。マリンスタジアムの風の影響もピッチングに影響したかもしれんね。
逆転してもらった直後の5回、3連打で無死満塁のピンチになり、鈴木に死球を当てて押し出し。続く井口には大きなセンターフライを打たれ、犠牲フライとなって2点目。ホームランにならなくて助かった。その後、2死から三木にレフト前タイムリーを打たれて3点目を失う。代打根元を三振にしとめて、ようやくロッテの攻撃を終わらせた。
勝利投手の権利が懸かったイニング。大量点を取って貰いながら途中降板はしたくなかったろう。ズルズルと点を取られている印象があったが、ベンチがよく我慢してくれた。

球児が9回に登板し、先頭の角中を三振に打ち取って、日本通算1000奪三振をマークした。
野茂を抜く、日本最速の771回2/3での記録達成。金本監督の「ほとんどを僕は見ていた」というコメントが、その速さを表している。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344958

トラックバック