虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 交流戦初戦、今季最多の15得点で勝利 | main | 打線が繋がらず、投手陣も打たれて惨敗 >>

能見好投、完封リレーでロッテに連勝
前年勝てなかったロッテに2連勝。打線がもっと早いイニングで追加点を取っていれば、能見が完封してたのになあ。

相手先発が左のチェンという事で、鳥谷がスタメンを回避。まあ、まだ周りが気遣ってるんやろね。

2回に梅野のタイムリーで2点を先制。更に盪海瞭睫逎乾蹐隆屬烹嬰世鮹イぁ∩瓠垢貿集を援護。能見はテンポのいいピッチングで、ロッテ打戦を寄せ付けない。ところが、完封が見えてきた8回2死、突然ヒットと四球のランナーを出して降板。このピンチを桑原が抑えると、9回に打線がダメ押しの2点を追加。最後はマテオが0に抑え、完封リレーが完成。

能見が7回2/3を4安打無失点。三振も9個奪い、今季最高のピッチングを見せた。
前日に秋山がやられたマリンスタジアムの風を味方につけ、いつもより曲がりのある変化球を巧く使った。低めへの意識もばっちりで、ロッテに3塁を踏ませない好投を見せた。
この日は早いイニングに味方の援護があったものの、その後はなかなか追加点が取れない試合展開。それでも能見は、いつも通り「援護なんか関係ない。自分のピッチングをするだけ。」という感じで淡々と投げ込んでいた。
8回2死から三木にヒットを打たれ、続く代打パラデスに四球を出したところで降板。球数はまだ100球。中押し点が取れていれば、このまま最後まで投げ切ったやろね。

打線は2回に中谷、大和のヒット、俊介の四球で1死満塁。ここで梅野がレフトヘタイムリーを放ち、2者が生還した。前日に続いてタイムリー、そしてこの日はマルチヒット。また梅野の確変が始まったかな。
続く盪海魯▲Ε肇魁璽垢竜紊魘引に引っ張ってセカンドゴロ。この間に三走俊介がホームインして3点目。ケースバッティングが成功した。状況判断は悪くないが、ボール球は打たん方がええよ。
その後、上本、糸井の連続四球で再び満塁になるが、福留が見逃し三振に倒れて、更なる追加点を取れなかった。ここからはランナーを出しても繋がらなくなった。チェンが立ち直ったというより、攻めきれなかったという感じに見えた。

9回、先頭の梅野が粘って四球を選ぶ。盪海呂魯札ンドゴロでランナーが入れ替わり、北條との間でエンドランが成功。そして糸井がレフト線に落してようやく追加点。
福留ヒットで満塁になり、中谷は1塁へのゴロ。パラデスが1塁を踏み、一走福留を挟む間に北條がホームインしてもう1点を追加した。
エンドランや挟殺プレーの間に相手の隙を突いての2得点。勢いだけでなく、こういったプレーで点を取れているのはええことやね。

これで3カード続いていた負け越しを止め、貯金も再び2桁に伸ばした。ここからまた調子を上げて行って欲しいもんやね。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344978

トラックバック