虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 終盤に試合が壊れて大敗 | main | メッセンジャー5失点KO >>

交流戦最後の試合を惜しくも落とす
福留の二遊間の打球が抜けていたら。俊介の打球が切れていなければ。そんなタラレバばかりで完封負け。唯一、小野が岸と対等に渡り合った事が収穫。

青柳、遼馬、良太がファーム落ち。入れ替わりで山本、柳瀬、大山が登録された。山本、柳瀬は中継ぎの1枠に残れるように頑張って貰いたい。大山は秋山が登録されるまでのお試し期間。見学で終わってはもったいないので、ぜひ1軍のピッチャーと対戦させてやって欲しい。

上本が2番でスタメン復帰。盪海鬘曳屬北瓩掘中谷、福留、原口のクリーンアップ。

9回裏、俊介が初球のインコースのストレートを強く引っ張った。打った瞬間ホームランと思われた打球は無情にも左に大きく切れてファールになった。

9回2死から代打攻勢を仕掛る。大和、糸井がヒットを打ち、3番手の俊介が逆転サヨナラスリーラン。劇的な幕切れで交流戦そ締めくくった、となって欲しかった。それでも最後に粘って楽しませて貰えたので、負けたものの満足感はが残る試合だった。

小野が7回1失点の好投を見せた。この日はあまり制球に苦しむ事もなく、5回まで楽天打線を散発3安打に抑えた。6回に入ってボールが浮き始め、島内にこの試合初めての四球を出すと、ペゲーロにはライト前ヒットを打たれて1・2塁。そして、岡島の打球が糸原のグラブを弾いてセンター前に転がり、先制点を奪われた。
糸原はグラブに当てたんなら捕って欲しかった。まだまだ球際は弱いが、これからの伸び代に期待したい。

小野は7回もマウンドに上がり、簡単に3人で終わらせた。7回を5安打1失点。球数もわずか98球。この日結果が出せなかったらファーム落ちするんやないかと思ってたが、見事に修正して生き残った。

打線は毎回のようにランナーを出すが、1点も奪うことが出来なかった。
初回の無死1・2塁ではクリーンアップが進塁打の1つも打つ事が出来ずに倒れた。3回の1死2塁も中谷、福留が連続三振。8回1死1・3塁では福留がセカンド併殺。
序盤は岸の緩急つけた投球に狙い球を絞れずに打ち取られ、中盤以降は巧くゴロを打たされて藤田の好守に阻まれた。

今年の交流戦は10勝8敗。交流戦が得意なパリーグ相手に勝率5割だったらいいなと思ってのに、貯金が2つ増えてよかった。
さあ、リーグ戦はビジターでの広島戦から再開される。シーズン中盤の大勝負。3連勝するつもりで戦って欲しい。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/345397

トラックバック