虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 交流戦最後の試合を惜しくも落とす | main | 長い中断の末、雨天ノーゲーム >>

メッセンジャー5失点KO
途中で観る気をなくすようなお粗末な試合。まるで広島のフリーバッティングを見ているみたいやった。

糸井がスタメンに復帰。太ももは完治したんかな。打つのは問題ないと思うが、走塁が心配やね。

メッセンジャーが4回5失点でノックアウト。ポストシーズンを睨んで、苦手を克服するために広島戦にぶつけてるんだと思うが、工夫がなければ何度対戦しても同じ事の繰り返しになる。
この日は早いカウントから外野へいい当たりを連発されていた。メッセンジャーは、コントロールが甘くなったところを打たれたと自己分析しているが、本当にそうなんやろか。こうまで滅多打ちされるのは、力に頼ったピッチングをしているからとちゃうかな。もっと緩急をつけないと抑えられんのとちゃうか。

柳瀬がツーラン、ツーラン、グラスラの3被弾で8失点。多分2イニング投げる予定だったと思うが、1イニングで降板することになり、岩崎を出さざるを得なかった。予定イニングを消化する事も出来ないんであれば1軍にはいらない。

この試合、これだけ失点したのは盪海亮虍も影響したやろね。フライを捕るのが精一杯で、あとの送球動作が遅れてしまう。センターフライで2塁ランナーにタッチアップされるようではアカン。広島も盪海里箸海蹐紡乃紊飛んだら、自動的にランナーにGOサインが出ていたように見えた。

打つ方はジョンソンから9安打するものの、糸井のタイムリーの1点しか取れなかった。
打線は繋がっていたが、ヒットは全部シングルヒット。そこへ盗塁失敗や走塁ミスがあったら点にならんわなあ。
8回に2点取った攻撃は、既に大差がついていたので焼け石に水だったが、あの攻撃を序盤に出来ていたらと思う。

大山が代打で出場。プロ初打席は空振りの三振に終わった。それでも、追い込まれながらフルスイングで粘れたのは収穫やった。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/345465

トラックバック