虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< ベンチが迷走、謎采配で5連敗 | main | ライオンズ森慎二コーチ、多臓器不全で急逝 >>

2安打完封負けで、またも小野を援護できず
ヒットを打っても点が入らないのに、シングルヒット2本だけではこうなるのも当然。2戦連続で好投した小野が不憫。

福留をとうとう5番に下げた。バッティングフォームもバスターのような構えに変えたが、それでも結果は出せなかった。スイングが遅れるのをなんとかしようと、必死にもがいているんやろなあ。

2回、先頭の福留が四球で出塁。ボークと鳥谷の内野ゴロで3塁へ進み、北條が四球を選んで1死1・3塁。梅野1−1からの3球目、ここでエンドランを仕掛けたが空振り。福留が三本間に挟まれて2死3塁になり、梅野が次の球も空振りして三振。
あまりにも得点力が落ちているからベンチが動いたんやろね。キャッチャーがブロックができないので、三走福留はゴロゴーでもよかったんちゃうかな。それより、梅野はバントが巧いので、スクイズの方がよかったかもしれない。

小野が6回を1失点。イニングの先頭をしっかりと抑え、ランナーを出しても制球は乱れなかった。三振が1つに外野フライが1つ、それ以外のアウトはすべて内野ゴロと内野フライだけ。 前回は6回にぐらっと来たが、この日は終始安定していた。
6回の京田への四球は勝負した結果なので仕方ない。問題はその後の盗塁での守りのミスと、2死3塁で大島を迎えたときのベンチの対応やね。

亀沢の打席で京田が盗塁を仕掛け、梅野の送球が1バウンドになって上本が捕れずにランナーを3塁まで進めてしまった。2回のエンドラン失敗とこの悪送球で梅野が悪者になっているが、ワンバウンドながら送球のコースもタイミングもバッチリだった。あれは上本が捕ってやらないといけない。それにセンター盪海離バーも緩慢だったように見えた。

それでも小野は踏ん張りを見せ、亀沢をピッチャーゴロに打ち取って2死3塁までこぎつけた。しかし、続く大島にツーベースを打たれ、決勝点となる1点を取られてしまった。
どう見ても1点勝負の試合。絶対に先制点をやってはいけない場面。なぜ右対左の不利な条件で、当たっている大島と勝負をさせたのか。ゲレーロの一発は恐いが、この日のゲレーロは小野にタイミングが合っていなかった。ベンチがバッテリーの意見を聴くこともなく、大島と勝負して打たれたのは悔いが残る。

これで6連敗。この12日間、勝った試合どころか、リードしている局面も見ていない。ホームランも見ていない。
梅雨でじめじめしてるところへ、心までじめじめしてきた。頼むから勝ってくれ。



auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/345566

トラックバック