虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 5時間半のグダグダ試合、延長サヨナラ負け | main | 藤浪2失点も9四死球の乱調、打線は糸井の一発だけ >>

能見4失点ノックアウト、岩崎も炎上
岩貞に続いて能見も広島打線に捕まった。おまけに配置転換後初めて登板した岩崎も炎上。投手陣がピリッとせんなあ。

初回、広島に2点を先制されるが、3回に糸井の移籍後初ホームランが飛び出して、1点差に詰め寄った。しかし、その裏能見が踏ん張れずに2点を奪われ逆転される。
中盤以降、次の1点をどちらが取るかで試合が動くと思われたが、7回に岩崎が一気に5点を奪われて勝敗が決した。

能見が初回にいきなり3連打を浴びて2点を失う。3回にもランナーを溜めたところで新井さんに左中間を破られて4失点。4回にランナーを溜めたところで無念の降板となった。

能見は結果ほどには悪い状態では無かったように思う。しかし、立ち上がりに微妙なコースをボール判定されたり、梅野のリード通りの球を投げて打たれ、揚げ句の果ては新井に高めボール球をタイムリーにされた。
きちんと投げ分けは出来ていたので能見が衰えた訳ではない。広島打線の反応がよすぎたんだと思う。能見にとっては想定外の出来事だったと思う。
この試合、田中と丸に4安打、丸に至っては3連戦で7本もヒットを打たれている。これはもうピッチャーだけの責任ではない。

岩崎は中継ぎに転向して初の実戦登板。先発時は下半身の粘りで球速以上のスピードをバッターに感じさせるピッチングをしていたが、この日はまるでバッティングピッチャーのようにいい当たりを飛ばされていた。
今季初登板で気合いが空回りして投げ急いでしまったのなら仕方ない。しかし、中継ぎに転向して何かを変えたのなら心配やね。
7回2死での福留のエラーも右中間方向への鋭い当たり。抜かれそうなのを福留が追いついたものの、薄暮で見にくかったのかグラブに当てて後へ逸らした。普通のライトなら簡単に抜かれていたと思う。

開幕前は先発候補が余るぐらい居て、中継ぎもカードを切る順に迷うように報道されていた。しかし、蓋を開けてみれば、この3連戦で先発は6回持たず、中継ぎも1イニングを3人で抑えられていない。
中継ぎが打たれているのが一番の問題。1戦目は楽勝ペースだったのに途中で追い上げられた。2戦目も前半のリードを守り切れなかった。野手のミスに足を引っ張られたとは言うものの、それ以前に簡単にランナーを出すのが不味い。そして、3戦目の岩崎の炎上。
開幕がいきなりビジター球場だったことも考えられるが、それにしても投手陣の内容が悪すぎる。

打線の方は右バッターが九里のシュートに捻られて沈黙。初回の上本の併殺が痛かった。

糸井がライトへライナーで飛び込むホームランを放った。ランナーが居ったらよかったのになあ。
その糸井、5回に左肘に死球を受け、6回の守備から交代。骨折はしていないらしく、腫れが酷くなったために大事を取ったらしい。ひょっとすると京セラ開幕戦はスタメンを外れるかもしれんなあ。

この日の鳥谷は2安打1四球。まだ鳥谷らしくない打席も見られるが、結果だけはきっちりと出してくれている。鳥谷が好調を維持できれば、1番鳥谷、6番盪海任發いい隼廚Α

北條が6番から7番に下がった。この日もノーヒットに終わった。それでも、レフトへライトへ北條らしい当たりが見られるようになった。ようやく開幕の緊張から解放されたんかな。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/343705

トラックバック