虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 四球を活かせず連勝ストップ | main | 小野、またも勝てず >>

久々の2桁得点で快勝
中谷のドデカい一発で打線が目覚め、2桁安打の2桁得点で勝利。

大山、盪魁梅野を外して5番にレフト中谷、6番にファースト原口、キャッチャーには坂本を起用。入れ替わりで出た選手が活躍する、いい流れが来てるのかも。

初回に福留のポテンタイムリーで1点を先制するが、その後の1死満塁で原口が併殺。直後に筒香のツーランで逆転され、2回にも追加点を許し、いやなムードが漂っていた。しかし、3回に中谷、原口の連続ホームランで一気に逆転。5回には坂本のセーフティスクイズと上本の2点タイムリーで4点差に突き放した。それでもDeNAは梶谷のツーランで食い下がるが、終盤に相手のミスに乗じて追加点を取ってダメを押した。

中谷のホームランはデカかった。推定145mのレフト場外への当り。いろんなモヤモヤをすべて吹き飛ばす一発だった。ヒーローインタビューではいつもの笑顔がなく、真面目な顔で受け答えしていた。自分の置かれている状況を理解し、今まで以上に真剣に取り組んでるんだと思う。
原口のホームランもレフト最上段への大きなホームラン。打った瞬間は切れると思ったが、レフトポールへ真っ直ぐに飛んで行き、ポールの僅かに右を掠めて着弾した。中谷に負けていられないという気持ちが、底力を引き出したんやろね。

今季初出場の坂本がいい働きを見せた。秋山の球が真ん中に集まっていたり、しきりにサインに首を振られたりで難しかったと思うが、辛抱強くリードした。
4回裏に桑原の盗塁をストライク送球で刺すと、直後の1死1・3塁の場面では初球スクイズをしっかりと決めて見せた。すべてが今シーズン初のプレー。もの怖じせずに正確にやってのけたのは見事。秋山の後の勝ちパターンのピッチャー4人もしっかりリードして、最後までマスクを被り続けた。
打たれるとピッチャーより悔しそうな表情を見せ、次は絶対に打ち取るという強い意志を感じる。梅野とは違うタイプのキャッチャー。これからの2人の競争が楽しみやね。

福留が3安打1打点。この日も長打が出たし、ようやくトンネルから抜け出したかな。4番らしい一発が出たら復活やね。

秋山は5失点しながらも7勝目をマーク。これはメッセンジャーと並んで、セリーグ2位タイ。
序盤は毎回先頭バッターにヒットを打たれる不安定なピッチング。中盤にペースを掴んだかと思ったが、6回にまた先頭を出して一発を浴びた。
6回の2点が余分やったなあ。あれさえなければ普通にナイスピッチやったのに。ちょっと残念に思う。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/345775

トラックバック