虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 打線が繋がらず、投手陣も打たれて惨敗 | main | 岡崎プロ1号逆転弾で連敗をストップ >>

岩貞復活も逃げ切り失敗
守護神ドリスがまさかの3失点。岩貞復活のお祝いの勝ち星が消えた。

岩貞と入れ替わりで伊藤隼を落とした。左の代打が非常に手薄になったのをどうするつもりやろ。

福留が休養。糸井を4番に据え、糸原を1番で起用した。そして、この日のキャッチャーは岡崎。
阪神甲子園球場 阪神vs日本ハム

長期離脱を覚悟していた岩貞が、予想外にも早く戻って来た。先発の駒が不足しているので、無理矢理上げたのかと思っていたが、意外にも安定したピッチングを見せた。
岩貞

ファームでしっかり調整できたのか心配だった。1回、2回は球数が多く、イニング20球程度を要していた。3回にようやく3人で攻撃を終わらせ、テンポが出て来た。
6回まで無失点ピッチング。7回先頭のレアードにツーベースを打たれ、大田セカンドゴロでランナーが3塁へ進んだところで降板。
終わってみれば6回1/3を3安打1失点。復帰初戦にして先発の役割をしっかりと果たす事ができた。このまま勝たせてやりたかったなあ。

打線は4回に原口のソロホームランで先制。5回にはヒットの岩貞を1塁に置いて、糸原のタイムリーツーベースで追加点を挙げた。
糸原

ところが、6回1死2・3塁のチャンスで、岡崎がスクイズに失敗。三走の鳥谷がアウトになり、岡崎も三振に倒れてチャンスを逃した。
岡崎

岡崎をそのまま打席に送り出した時点で、素人目にもスクイズは見え見え。スクイズをするにしても、代打を出すべきだったと思う。勝負どころなので、福留を使って強行策を採ってもよかったんちゃうかな。
とにかく、このプレーで試合の流れが日ハムに行った。

9回、1点差でドリスが登板。レアードにヒットを打たれると、大田にはストライクが入らず、ストレートの四球を与える。大野の送りバントで1死2・3塁とされて、中島の初球にセーフティスクイズを決められて同点に追いつかれた。続く代打松本に三塁線を破られて逆転を許した。
中島のスクイズもわかりやすかった。3塁への牽制とか、初球の入り方を工夫するとか、やらないといけない事があったと思う。

最近のドリスはあまりタイトな場面で出ることもなく、ランナーを出してバタバタしながら抑えている印象がある。これが登板間隔やモチベーションの問題ならええんやけど。ひょっとして、4月、5月の連投の疲れが出て来てるんとちゃうやろね。
ドリス


糸原4打数2安打1打点。送りバントも1つ決め、1番としての仕事が出来た。
打率も出塁率も月を追う毎に上昇している。出塁率は4割近くまで上がり、鳥谷を抜いて、チームトップになった。首脳陣が1番で起用したのも理解出来る。
プロの球に慣れて来たんやろね。この調子で行けば、率も残すんやないかな。規定打席をクリアさせてやって欲しいが、上本や北條、そして鳥谷ともポジションが被るのをどうするかやね。

糸井が3三振を含む5タコ。そのうち4打席では、ランナーを置いた場面で凡退してイニングが終わっている。
3番で調子が出なかったので1番にし、打ち出したので3番に戻したばかり。4番は重荷やったかもしれんね。

鳥谷がフェースガードなしのヘルメットに戻して3安打猛打賞。左の公文からもヒットを打っているので、恐怖感はないみたいやね。
鳥谷


盪海癸外詑如守りではレフトに打球が飛ぶ度に観客席がざわざわしていたが、この日は無難にこなしてくれた。
スポーツ紙では7回の矢野の打球を捕ったのを「好守」と書いているが、あの程度でファインプレーと言われるようではアカンよ。
高山


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/345023

トラックバック