虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< あっけない幕切れで1点差負け | main | 3点差逃げ切れずに延長引き分け >>

最終回の粘りで逆転勝ち
9回1死満塁のチャンスでロジャースが2点タイムリー。後手に回って劣勢だった試合をひっくり返した。

初回に菊池のツーランで先制されるが、3回に福留のツーランで追いつく。中盤は両チーム共チャンスを作りながらも投手陣の踏ん張りで試合は動かず。8回、高橋が宮崎に一発を浴びて敗戦濃厚になる。しかし、9回先頭の盪海離薀奪ーな内野安打と連続四球で満塁とし、ロジャースがレフト線に2点タイムリーを放って逆転。最後はドリスが締めてマツダスタジアムでの連敗をストップ。

打ち始めると止まらない広島打線を、小野がしっかりと抑えて試合を作った。踏ん張らないといけないところもしっかりと踏ん張れた。プレイボールからたった2球で2点を失ったのがもったいない。しかし、そこから切替えられたのは成長の証しだと思う。

2点ビハインドの3回に福留がツーランを放って追いつく。初回のライトフライはあと少し距離があればという惜しい当り。2打席目で打ち直してくれた。打った瞬間の福留のドヤ感がすごかった。
この日の福留はホームランと四球が2つ。ボールの見極めもよくなったみたいやね。

ロジャース最高。ここのところ満塁でもなかなかタイムリーが出ない中、ちゃんとタイムリーでケリをつけてくれた。
最終打席の打率がいいのは、打席事にちゃんとアジャストしているからだと思う。
ボール球には手を出さないし、インコースもそれほど苦にしていない。今後他球団に分析されても、そう大きな穴は見つからんのとちゃうかな。逆に日本のピッチャーに慣れて来たら、大きいのが増えるかも。

中谷が2打席連続の空振り三振。ゾーンの見極めは出来ているようだったが、スイングが鈍く、中谷らしい思い切りのよさが見られなかった。5回の1死満塁の見せ場で代打を送られたのは悔しかったと思う。悔しい思いをした次の日はホームランをよく打っているので、次の試合に期待したい。





auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/346291

トラックバック